働き方について

ワークスタイル選択制度

心地よく長く働けるしくみ 「ワークスタイル選択制度」

グッドライフケアでは、ライフスタイルに合わせて働き方を自由に選ぶことができます。

「子どもと関わる時間を増やしたい」
「働きながら資格の勉強をしたい」
「夜勤は入れない…」
など。プライベートと仕事を天秤にかけて、諦めたり転職しなくても大丈夫です。

グッドライフケアでは、「訪問介護」を、もっと働きやすい仕事に変えていきます。

 

※当制度は、訪問介護スタッフのみの適応となります。その他の職種についてはこちら

「ワークスタイル選択制度」の特徴

1、8種類の働き方から自由に選べる

ワークスタイル選択制度では、働く時間や休日日数によって、合計8種類の働き方から自由に選ぶことができます。

1週間の勤務時間数に応じて
「ワーク重視型」
「ワークライフバランス型」
「ライフ重視型」
「ライフ重視(短時間)型」
の4つのタイプがあり、それぞれで週休2日と週休3日を設けています。一番働きやすいワークスタイルのタイプを見つけましょう。

8つの働き方から自由に選択

2、ライフスタイルの変化に合わせて働き方を変えられる

一度決めた働き方でも、ライフスタイルが変化した時に、その都度変更することが可能です。変更は在籍中は何度でも可能です。
※変更の相談・申請は、変更の3ヶ月前までに行います。

3、どんな働き方でも、評価や昇給に影響しない

働き方は、評価には関係なく、その人の能力や結果を重視して評価します。

プライベートを優先した働き方を選んでも、能力や結果が優れた人は、評価され昇給していきます。

 

その他の働き方の制度について

訪問介護スタッフ以外では、ケアマネジャー・福祉用具専門相談員・本社職員(総務・人材開発部)にフレックスタイム制を導入しています。出勤時間や退勤時間を業務状況に合わせて自由に調整することができます。
※コアタイム設定あり

 

その他、全職種で短時間正社員での採用も行っており、育児や介護と仕事の両立が可能です。

介護スタッフの声

訪問介護スタッフ 介護福祉士 荻 浩輝

訪問介護スタッフ 介護福祉士荻 浩輝

私はもともと老健で3年程介護職として働いていましたが、ゆくゆくはケアマネジャーの資格を取りたいと思い、介護保険についてより詳しく学べる訪問介護事業所に転職をしました。グッドライフケアでは…

この続きを読む
トップへ戻る